シェアする



【マズローの欲求5段階説・マズローの法則】第6段階を晩年のマズローが追加・誤解している段階について・そしてウィルソン小説

マズローの法則の5段階とその次の段階第6段階についてまとめてみました

大学や高校などで経済学の勉強をするとかならず出てくるのが、マズローの法則ですよね。

Wikiにも書いてありますが・・・

マズローの法則の5段階とその次の段階第6段階目についてもまとめてみました・マズローの法則を現実的にみる

自己実現理論(じこじつげんりろん)とは、アメリカ合衆国の心理学者・アブラハム・マズローが、「人間は自己実現に向かって絶えず成長する生きものである」と仮定し、人間の欲求を5段階の階層で理論化したものである。また、これは、「マズローの欲求段階説」とも称される。

スポンサーリンク



アブラハム・マズロー

マズローの法則の5段階とその次の段階第6段階目についてもまとめてみました・マズローの法則を現実的にみる

アブラハム・ハロルド・マズロー(Abraham Harold Maslow, 1908年4月1日 – 1970年6月8日)は、アメリカ合衆国の心理学者。
ニューヨーク州ニューヨーク市ブルックリン区に生まれる。

彼は人間性心理学の最も重要な生みの親とされている。これは精神病理の理解を目的とする精神分析と、人間と動物を区別しない行動主義心理学の間の、いわゆる「第三の勢力」として、心の健康についての心理学を目指すもので、人間の自己実現を研究するものである。

彼は特に人間の欲求の階層(マズローの欲求のピラミッド)を主張した事でよく知られている。マズローは人間についての学問に新しい方向付けを与えようとしたが、彼の著作はそれ以上に内容豊かなものになっている。

著書、雑誌論文は100編以上に及び、アカデミックな心理学のみならず、教育や経営学のような隣接領域にまで彼の思索は及んでいる。

Wikiより

マズローの欲求5段階説・原則解釈

自己実現理論で・人間の欲求を5段階で理論化したものです。

マズロー心理学入門 [ 中野明 ]
価格:1944円(税込、送料無料)

マズローの法則の5段階とその次の段階第6段階目についてもまとめてみました・マズローの法則を現実的にみる

出典ebookfan.mobi

人間が持つ欲求は5つの階層に分かれ、ピラミッドのように上へ行くほど狭まりながら連なっているとされています。

そして、低階層の欲求が充たされると、より高次の階層の欲求を欲するというものであるとする。

心理学者であるマズローが唱えたことからも分かりますが、もともとは心理学で用いられる用語でした。

優秀な人ほど,この欲求の段階を駆け上がるのは早い傾向にあり、

自己実現を果たし自己超越の域に達する人はきわめて少ない様です。



数多くの人が階段を踏み外し,これまで,その人にとって当たり前だと思っていたことが当たり前でなくなるような状況に陥っているのが現状です。

マズローの法則の5段階とその次の段階第6段階目についてもまとめてみました・マズローの法則を現実的にみる

   出典 あるがままの自分を

第1段階 生理的欲求

マズローの法則の5段階とその次の段階第6段階目についてもまとめてみました・マズローの法則を現実的にみる

生理的欲求は、空気、水、食べ物、睡眠など、人が生きていく上で欠かせない基本的な欲求をさします。

これが満たされないと、病気になったり、いらだったり、不快感を覚えます。

第2段階 安全欲求

「安全欲求」には、安心で安全な暮らしがしたい(家で雨風をしのぎたい・健康などを保持したい・・・)などの欲求がです。
生理的欲求とあせて、安全の欲求は生きる上での基本的な欲求の一つです。

生きることを脅かされないことの欲求です。

例えば、DVなどにあって継続的に生存を脅かされていたりすると、その状況からいかにして逃げて安全を確保するということに必死になるので、そのこと以外は、頭で考えられなくなってしまうのです。これが、回避されると次の要求に行く・・・ということです。

第3欲求 社会的欲求

集団に属したり、仲間が欲しくなったりする欲求です。

帰属要求とも表されます。

人は孤独感や社会的不安を感じるのを避けようとします。

対外的に充たされたいという思いから出てくる欲求です。

会社、家族、国家など、あるグループやコミュニティへ帰属していたいという欲求なので、生命の維持を脅かされない状態です。

第4欲求 尊厳欲求

他者から認められたい、称賛されたい、尊敬されたいという欲求です。

内的な心を充たしたいという内面の欲求です。

帰属の後に自我の欲求がくる感じですね。

この欲求は二つの段階に分かれます。

1つ目は、仕事の遂行や達成による、達成感です。

2つ目は、1つ目の結果で、他人から注目され賞賛されることです。

第5欲求 自己実現欲求

最後に自分の能力を引き出し創造的活動がしたいなどの欲求が生まれます。

自己実現とは、簡単にまとめると、
自分が掲げた目標を自分でクリアにできる喜びをモチベーションにできる、ということです。

自己実現の欲求に突き動かされている状態とは、あくまでも自己実現を求めている状態です。

ここには、無償性が含まれています。


あるべき自分になる・・・ということは、あるべき自分を思い描けていないといけないということですね。

結果論なっていた・・・と勘違いしている場合もございますものね。

多くの人が、自己実現の段階まで行けずに、その前の段階で立ち止まっていると思います・・・

マズローの欲求5段階説に沿って、よりよい人生にしていくには、まずは、自己実現している、あるべき自分の姿を、じっくり考えていく必要があるようです。

さて、マズローの法則には、実は、次の段階がございます。

第6欲求 自己超越

自分のためだけでなく、他の人々や他の者を豊かにしたいという欲求を指します。

この第6段階は、マズローが晩年発表したもので、付け加えたものです。

社会貢献的な意味合いやエゴを超越した、哲学的な領域になります。

マズローいわく、自己超越の領域に達することができるのは、全人類の2%程度なのだそうです。

自己のためだけでなく、他者を豊かにしたいという欲求を含むものですから、社会貢献的な意味合いやエゴを超越した、哲学的な領域になります。

日常生活においてもビジネスにおいても、第6欲求の実現を目指すケースは、極々まれでしょうね・・・


欲求の満たされ方は決して下から順とは限らない

マズローの法則についてよく下から順に段階を1つ1つ上がっていく・・・

と解釈するため、絶対にこのとおりである・・・という解釈をする人がいますが、下の階層にある欲求が満たされてないなくても、上の階層の欲求を抱くケースもあります。

この件に関しては、マズロー自身もこのような言葉を残しています。

「我々の社会で正常な大部分の人々は、すべての基本的欲求にある程度満足しているが、同時にある程度満たされていないのである」

どの階層にいても、100%の満足を得るのはむずかしいのです。

なんとなく許容囲で満足しているかのようですが、実際は少し足りていないと感じる人の方が多いということだと解釈します。

例えば安全欲求が満たされていなくても、尊厳欲求を求めるケースがあります。

売れない芸能人が、よくアルバイトで生計たてています・・・とかいうお話がそうだと思います。

安全要求は満たされていないけれども、志は錦・・・というパターンがそうだと思います。

よって、5段階の下から順番に完全に満たされることが、絶対ではないということです。

さてこのマズローの法則の影響をうけて、健康な人の心理学を発展させ、独自の楽観主義を展開した人がいます。

コリン・ウィルソン

セント・ニオット・マージン、ロボットといった概念を与えている。

意識と無意識との関係性を再構築する必要があると考えている。

Wikiより



1931年6月26日、イングランドのレスターに生まれる。父親は靴工場で働く労務者であり、典型的な労働者階級の出であった。経済的事情から16歳でやむなく学校を去り、さまざまな仕事に就きながら空いた時間に執筆を続ける。
1956年、24歳の時、様々な文学人・文化人について「実存主義的な危機」という観点から論じた評論『アウトサイダー』を発表。これが大きな反響を呼び、作家としての地位を確立。これは当時取り組んでいた小説『暗黒のまつり』の執筆を中断して一気に書き上げたものである。この期間中、ウィルソンは定職に就かず、昼間は大英博物館で執筆、夜は野宿という生活を送っていた(これらの経緯は何作もある彼の自伝において繰り返し述べられている)。
その後はその博覧強記な才能によって、殺人、オカルト、心理学などを独自の思想から論じてきており、自身ではこれを「新実存主義」と呼んでいる。この他、SF小説や警察小説なども執筆している。
2012年の6月、脳卒中にかかり、会話する能力を喪失した[2]。翌2013年の12月に死去。

Wikiより

現代殺人百科新装版 [ コリン・ウィルソン ]
価格:2376円(税込、送料無料)

ざっくりと説明すると、マズローと交友を持ちマズローに影響されて、
「超越意識への到達法」を小説で書いてしまった人なのです。
どうすれば脳内アメリカンドリームを実現できるのか?というのが、テーマになっています。

この大作のおかげで、マズローの法則の中の矛盾と、実現化が

大変わかりやすい言葉でメッセージとして呼びかけています。

このあたりを研究しているものが、明治学院大学さんにあるので、

こちらを参考にして読むと更に面白いと思います。

参考資料